[成田K邸]直線を多用し硬質でモダンに

「宇宙映画に出てくる惑星基地のようなイメージ」が、K邸全体のデザインコンセプトでした。直線を多用し、素材にも石やガラス、金属を使って硬質でモダンなインテリアをつくりあげています。キッチンも黒をベースにシンプルなデザインでまとめました。

食器や調理器具、調味料の量まで確認しながら収納を充実させています。ダイニング側にもシンクを設けました。ゲストが気軽に使うことができ、パーティシーンで活躍します。

ダイニングの壁全面に造作の収納棚を設けました。中段を「見せる収納」とし、照明を組み込んでいます。光を受けたクリスタルの輝きが夜のインテリアを華やかに演出します。

ページ上部へ戻る